万年筆をもっと楽しむために

万年筆の書き心地は使用する紙によっても大きく変わります。さらさら書ける分、あまりにツルツルした紙は滑ってしまって書きづらかったり、ざらざらの大きい紙ではひっかかって書きづらいだけではなくペン先を痛めてしまったりします。また、紙によっては裏にインクが抜けてしまうこともあります。
とはいえ、万年筆と相性のいい紙に書くのはとても気持ちがいいものです。ちょっとしたメモも紙に書きたくなります。毎日使っている万年筆はペン先が詰まる心配が少なくなるのでお手入れもうんと楽になります(特別なメンテナンスは必要なくなります)
お気に入りの万年筆を見つけたら、一緒に使う紙にもこだわってみてはいかがでしょうか。

コクヨ キャンパスノート

どんな文具店でもスーパーマーケットの文具売り場でも見つけられる定番ノート。書きやすさにこだわって、中紙には再生紙を使わず森林認証を受けた上質紙を使用しています。
安価であること、サイズも罫線種類も幅広く展開しているのも魅力です。ノートだけでなくスケジュール帳もキャンパスシリーズでそろえられます。

ツバメノート

いわゆる「大学ノート」に代表されるラインナップがあり、「フールス紙」という中紙を使用しているのが特長です。ざらつきはまったくなく、適度な滑らかさがあります。また、紙が真っ白ではなく柔らかな色をしているのでずっと使っていても目が疲れません。
判型、罫線種類も豊富で、年度替わりのころにはスケジュール帳も発売されます。

ライフ ノーブルノート

オリジナル用紙である「ライフライティングペーパー」という中紙を使用しています。滑らかでしなやかな用紙、頑丈な製本が特長です。
単価が高めなこと、丈夫なことから、長期間保存するような書きつけなどにおすすめです。判型、罫線種類にはバリエーションがありますが、スケジュール帳は展開していません。

ミドリ MDノート

オリジナル用紙「ミドリダイアリー用紙」を中紙に使用しています。シンプルな、真っ白の表紙、ぱたんとフラットに開く製本が特徴です。罫線入りの商品も線が主張しないので目が疲れません。
A4サイズ、A5サイズのほか、文庫と新書のサイズのノートがあるのも面白い所。最後まで使い切ったら本棚に並べておけます。年度替わりのころにはスケジュール帳も発売されます。

アピカ プレミアムC.D.ノート

「紳士なノート」という帯がついてノート売り場に並んでいるのをよく見かけます。シルクのようになめらかな書き心地を追求したという中紙は、オリジナル用紙である「A.Silky 865 Premium」と「クリーム上質紙」の2種から選べます。
価格帯はライフ ノーブルノートと同じくらいで、アピカノートの方が中紙が白っぽいです。目に優しいのはノーブルノート、インクの色を楽しみたいならアピカノートといった選び方をしてもいいかもしれません。
スケジュール帳の展開はありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です